M&A2

M&A知識

M&A知識2|M&A目的

M&Aの売り手の目的

M&Aの売り手の目的は、大きく分けて2つです。1つは、企業のノンコア事 業から撤退して、コア事業に集中することです。そして、もう1つは、事業承 継の手法として、経営者はハッピーリタイアを実現して、従業員や取引先は 新たな企業に引き継いでもらうことです。

アクティブ・コンサルティングは、コア事業への集中と、ハッピーリタイアによ り事業の継続と発展を託すことは、社会全体のリソースの効率を高める重 要な仕事であるという確信を持っています。

M&Aの買い手の目的

M&Aの買い手の最終的な目的は、会社の支配権を得ることではありませ ん。そのことによって、大きな利益を引き出すことです。この利益を引き出す 方法によって、M&Aの買い手の目的を大きく2つに分けることができます。

1つは、自社の事業強化をすること。このような買い手をストラテジックバイ ヤーと言います。もう1つは、買収後に会社を転売することによって利益を 得る方法です。このような買い手をフィナンシャルバイヤーと言います。

ストラテジックバイヤーの主な目的を具体的に言うと、事業規模を拡大して 市場シェアを高めて規模のメリットを得ること、新たなマーケットに進出する こと、買収先の持つ許認可や特許、技術などを取得することなどです。要す るに、買収によってシナジー効果を高めることです。

これに対して、フィナンシャルバイヤーの目的は売却益を得ることに尽きま すが、その過程では外部からプロの経営者を招聘して業績を高めたり、経 営効率を高めて配当を高めたりという活動をする場合が多いです。

フィナンシャルバイヤーの主役はいわゆるファンドです。ファンドとは、複数 の出資者から資金を募って、それを元手にM&Aを仕掛けて配当や転売で 利益をあげて、出資者に分配する組織です。

アクティブ・コンサルティングは、主にストラテジックバイヤーを対象に事業 のシナジー効果を高めるサポートをいたします。

M&A3
M&A知識3|M&A方法と種類

M&Aの方法 M&Aの方法には、大きく分けて2つあります。1つは、友好的な買収であ り、もう1つは敵対的な買収です。簡単に言えば、買収される側の取締役が 買収に賛成な場合は友好的な買収で、反対の場合が ...

続きを見る

-M&A知識