業界17

M&A業界動向

M&A業界動向18|ゲームソフト開発M&A動向

上位企業による寡占化が急速に進展している

ゲームソフト開発会社は、ユーザーから高度な大型作品が求められるようになり、開発費が増大するために、大手企業に寡占化されることとなり、生き残りをかけて、大手企業同士の合併や大手企業による中小開発会社のM&Aが進められると思います。

また、携帯ゲームやオンラインゲームの分野はまだ大きく伸びており、元気のある新興企業も登場しています。しかし、ヒットが途切れると、急速に経営が悪化することも多く、これらの企業もやがてM&Aにより、上位企業 の傘下に入ることが予測されます。したがって、ゲーム業界全体を見た場合、今後も益々M&Aが活発化されると思われます。

M&A買い手のメリット

  • ①事業規模拡大のメリットにより経営の効率化が図れる
  • ②プログラマーなど専門技術を持った人材を確保できる
  • ③新しい分野のゲームソフト分野に進出できる

M&A売り手のメリット

  • ①従業員の雇用を維持できる
  • ②大手企業の傘下に入るので安心である
  • ③好調企業は創業者利益があり、不振企業は清算を回避できる

ゲームソフト開発M&A動向

年度売り手買い手形態
2010年メディア・モリキュールSCE株式譲渡
2009年ゴンゾロッソアトラス株式譲渡
2009年ジャレコゲームヤロウ株式譲渡
2008年ゲームポットソネットエンタテイメントTOB
2007年ゲームオンネオウィズゲームズTOB

ゲームソフト開発業界では、上記以降もM&Aが続いています。

業界18
M&A業界動向19|人材派遣M&A動向

派遣法改正により経営環境が悪化しM&A加速 2010年に製造派遣を禁止する派遣法改正が国会に提出されたこと より、人材派遣会社を取り巻く経営環境が大きく変化しました。それま で、規制緩和による原則自由 ...

続きを見る

-M&A業界動向