業界14

M&A業界動向

M&A業界動向15|ゴルフ場M&A動向

上位寡占度が未だ低くM&Aの動きが活発

バブル全盛の頃に、ゴルフ場開発への新規参入が相次ぎ、過剰な状況になりました。その反動で、バブル崩壊と共に、大型ゴルフ場が相次いで 破綻して、構造不況の業界となりました。その後は、投資ファンド等が 財政悪化したゴルフ場を買い取って再生させるというビジネスが活発に なりました。ゴルフ熱が盛んな韓国ファンドなども加わって、大型ゴルフ場 のM&Aは、ほぼ完了した感があります。

昨今では、ゴルフ会員権も投資目的から、利用目的に変化しており、手軽 にゴルフを楽しみたい人口が増えていることから、今後は、より手頃な 中小のゴルフ場に対するM&Aが活発になると予測されます。

M&A買い手のメリット

  • ①数多くのゴルフ場を傘下に収めてシェアを高められる
  • ②事業基盤を安定させて、コスト削減・利益増大が実現する
  • ③希少価値のあるゴルフコースを入手することができる

M&A売り手のメリット

  • ①従業員の継続雇用が図れる
  • ②大手企業の傘下に入るので安心して経営できる
  • ③不振企業は清算を回避できる

ゴルフ場M&A動向

年度売り手買い手形態
2010年成田ゴルフ倶楽部   コスモスイニシアアコーディアゴルフ   大和ハウス工業他株式譲渡  資本参加
2010年朝日リゾート開発  日本レジデンシャル投資法人西日本ゴルフ開発   アドバンス・レジデンス投資法人事業譲渡
2009年川西ゴルフクラブ  インボイスRMナンノホールディングス株式譲渡
2008年宮崎小林ゴルフ
宮崎日向ゴルフ等
GUMI DEVELOPMENT(韓国)株式譲渡
2008年サンランド、石川ゴルフ倶楽部等  東芝不動産スポーツ振興(アコーディアゴルフ)株式譲渡

ゴルフ場業界では、上記以降もM&Aが続いています。

業界15
M&A業界動向16|学習塾M&A動向

個別指導型が伸びM&Aによる業界再編が進む 学習塾は少子化に伴い、市場が縮小しており、競争が激化しております。上位企業によるM&Aが活発に行われており、徐々に寡占化が進行しております。個別指導型サービ ...

続きを見る

-M&A業界動向