用語3

M&A用語集

M&A用語集9|M&A用語リ行

リーマン方式

リーマン方式とは、M&Aアドバイザリー業務のフィーの計算方式で、取引 金額に応じてフィーを決定する手法のことです。レーマン方式といわれる こともあります。リテイナーフィーの他に成功報酬として定められること が一般的です。

リスクフリーレート

リスクフリーレートとは、リスクがまったくない投資案件に対する期待 利回りのことを言います。あくまでも理論値です。その場合、インフレ リスクは考慮されません。実際に計算する場合には、通常、リスクフリ ーレートとして、10年物の国債の利息を用います。

リスクプレミアム

リスクプレミアムとは、特定のリスク資産に期待される利回りとリスクフリーレートとの差のことをいいます。リスクの大きい投資ほど高い利 回りを要求されることから、リスクプレミアムの大きさはリスクの大きさ と比例します。

ロングリスト

M&Aにおいてロングリストとは、比較的 緩やかな基準により企業を集めたリストのことを意味します。一般的には20社程度のリストを 指すことが多いようです。

類似取引比較法

M&Aに当たって、企業価値評価をするときの手法の1つです。評価対象企業と事業の種類が同一または類似する複数の上場企業のM&Aの取引額 から算出される利益倍率に比準してその取引の価額を算定する方法です。

用語4
M&A用語集10|M&A用語ワ行

割引率 英語で、Discount rateといいます。将来価値を現在価値に換算するときに使う利率のことです。実際に割引率を考えるときは、長期の 国債など、安全性の高い長期の債権の利回りを基準に考えます ...

続きを見る

-M&A用語集