用語1

M&A用語集

M&A用語集1|M&A用語ア行

アドバイザリー契約

アドバイザリー契約とは、M&A仲介会社と締結する仲介依頼契約のこと です。通常は排他的な専任契約の形を採るほか、業務範囲、秘密保持、 報酬、免責等に関する事項が記載されます。

意向表明書

M&Aにおける意向表明書とは、買い手が売り手に対して買収検討を進め たい旨を表明する書面のことです。意向表明書の一般的な記載内容は、提 携目的、提携後の経営方針、提携スキーム、対象会社の提携条件に対する 考え方、価格および資金調達方法等です。通常は、法的拘束力がない旨が 明記されます。

インカムアプローチ

インカムアプローチとは、M&Aにおける企業価値評価の手法の1つで、 将来キャッシュフローの現在価値で価値を測定しようとする手法のこと です。通常、DCF法によって現在価値を算定します。

インカムゲイン

インカムゲインとは、株式の配当や債券の利息など投資対象を保有する ことによって得られる利益のことです。投資における利益は大きくイン カムゲインとキャピタルゲインに分けられます。インカムゲインは投資 対象そのものから得られる利益のことを意味します。インカムゲインは 保有することによって得られる利益と呼ばれます。

エクィティファイナンス

エクィティファイナンスとは、新株の発行や新株引受権付社債、CBの 起債などといった、新株の発行を伴う資金調達のことです。企業が生成、 発展における基本的な財務活動の一つです。エクイティファイナンスに よって調達した資金は、将来返済の義務を負わず、貸借対照表の純資産 の部に入ります。

営業権

営業権とは、M&Aにより買収した会社の時価評価した資産と時価評価 した負債の差額、すなわち時価ベースでの純資産を購入金額が上回った 場合の差額のことです。 営業権は、暖簾(のれん)とかグッドウィルと もいわれます。

営業譲渡

2006年度の会社法施行により、営業譲渡という用語は事業譲渡に変更 されました。事業譲渡とは、M&Aの一手法で、会社の一部事業を他社に 売却することです。事業譲渡は、株式取得のように買収先企業の資産をす べて抱え込む必要がないため、債務保証など簿外の債務などを負ってしま う危険性が避けられます。しかし、許認可などは当然に移転するわけでは なく、個別資産の名義変更などの手間を要することになります。

黄金株

黄金株とは、拒否権付き株式のことです。種類株の一種で、株主総会での 拒否権を与えられた株式のことを意味します。黄金株は、敵対的買収防衛 策のひとつとされ、敵対的買収者が出した提案を株主総会で否決できると いうものです。ただし、米国の証券取引所では、すでに黄金株の発行を禁 止しているほか、EUでも廃止論が強いとされています。

用語2
M&A用語集2|M&A用語カ行

会社分割 会社分割とは、M&Aによる企業組織再編の手法のひとつで、法人の 事業部門の全部または一部を、既存法人や新設法人に移転することを いいます。会社分割は、不採算部門の切り離しや、別々の企業の同一 ...

続きを見る

-M&A用語集